Niceratus Kiotoensis

たまに絵を描く弱小古典語屋
個人インスタンスAriadnaの管理者

ncrt035 shared a status by hidaro

「言うことだけデカくてなにもしないPM」といえば、今日読んだこの記事は面白かったですね。

数億円規模の案件をたった二人で開発させられた話 | Plus one
plus-one.tech/posts/2020/02/12

4 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

バーコードバトラー馬場~略してババババ~
バーコードバトラー馬場 | 大沖 pixiv.net/artworks/1467290

4 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

友人居ないという人,実は「人」ではなかったというオチもある(ベタだが

4 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

案:回転印を上手に使う

4 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

たとえば30部限定で最後のページに「1/30」「2/30」と通し番号が印字してあるのを実現しようと思うと,活字ならその分だけ数字を組み替えればいいけど……🤔 になる.

4 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

この「親しさと馴れ馴れしさが同義語の文化」というのは一定の――それも厄介なことに小さくない――勢力をなしていて,要所要所で襲いかかってくる.

4 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

RT「いきなり濃厚接触した上に避けられたらいつまでもグチグチ引きずる」このパターンの人は確かにいて,私も被害者の会の一人なのですが,彼らにとって「親しい」と「馴れ馴れしい」は同義語なので,馴れ馴れしくすることで親しくなろうとするのですね,たぶん.
pm.ernix.jp/@ernix/10364539188

4 days ago
ncrt035 shared a status by ernix
すー (portable)
ernix@pm.ernix.jp

人とうまく付き合うには、お近づきになりたい人にはゆっくりゆっくり近づいて、切る時はスパっと切る。人付き合い失敗してる人は大抵この逆のパターン。いきなり濃厚接触した上に避けられたらいつまでもグチグチ引きずる。

4 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

こういうのも読んでおいた方がいいものか
【イベント】『ナウシカ解読 増補版』(勁草書房)刊行記念 稲葉振一郎×長谷川裕一トークイベント 「「終わらない物語」「終わる物語」」 | イベント | 代官山 T-SITE | 蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設 store.tsite.jp/daikanyama/even

4 days ago
ncrt035 shared a status by omasanori
Masanori Ogino
omasanori@mstdn.maud.io

「フォント沼の人間による”推せる”フォント集でしてよ!商用・同人にも使えるものを選んでます~ツリーにリンク貼ってるので見てね!皆様良いフォントライフを!」 twitter.com/12longhappy/status

知らなかったものが結構ある

4 days ago
ncrt035 shared a status by kat_cloudair
かつと
kat_cloudair@pawoo.net

これアアーッになった
3年ぐらいほそぼそゲーム開発してたけ ど完成しなかった件について|どんぺま @donnpema6 note.com/donnpema/n/nb27ccbd57

4 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

鹿子木員信の名前は恥ずかしながら初めて知ったので調べると,『プラトン哲学の研究』で東京帝大で学位を得ており,日本におけるプラトーン受容の中でも名前の出てくる人らしい.納富先生のこの記事にも北一輝らとともに「国家主義」的なプラトーン受容者の一人として触れられている.
clsoc.jp/agora/newbooks/2012/1

5 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info
5 days ago
ncrt035 shared a status by ncrt035
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

「オタクをやめる」=「犬をやめる」の記事を探してくるのに手間取ってしまった
tiyu.to/permalink.cgi?file=new

July 29, 2019
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

久しぶりに会心の一言を見た思いがする RT
「「オタク」は、たとえ楽しんでいるにせよ「そういう風にしか生きられない」苦しさや諦めと一体のものだと思っていて、他に選択肢ありげな人間が娯楽でやってる「オタク」はオタクごっこでしかない」
twitter.com/aruto250/status/12

5 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

ロマノ・ヴルピッタのムッソリーニ伝を読む必要ができたが,今はちくま学芸文庫に入っているのだね.
「鍛冶屋の息子として生まれた男は、いかにして統一以来のイタリアを象徴する指導者となったか。パレート、ソレル、ニーチェの影響下での思想形成、資本主義と社会主義を一挙に否定する「第三の道」の追求、国民ファシスト党の結成と政権獲得、多彩な女性遍歴、第二次世界大戦の敗北、そしてパルチザンによる殺害―。その生涯は、新しい社会を創造するための天命の意識に貫かれていた。従来のイメージを刷新するのみならず、一個の叙事詩にも比せられる卓抜なムッソリーニ伝」
ムッソリーニ ─一イタリア人の物語
ロマノ・ヴルピッタ 著
chikumashobo.co.jp/product/978

5 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

「最悪なのは、最近の若者は元気がない、俺たちが学生の頃は暴れたなあ、という言葉です。私の学生時代は就職氷河期だったのでよくわかりますが、経済的に好況の時と、今のように経済的恩恵が下まで降りてこない時期、奨学金も削られる時期とでは、運動後の就職試験のプレッシャーが、「理想」の羽ばたく範囲が、別の言葉を用いれば下部構造が異なることが、学生と話していて強く伝わってきます。学生運動当時の『京都大学新聞』を読むと、西武も、三菱も、住友も、京大生を求める広告の量に圧倒されます」
特別企画 藤原辰史「切なさの歴史学」前編 | 特別企画 藤原辰史「切なさの歴史学」 | せかいしそう web.sekaishisosha.jp/posts/284

5 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info
はずかしい話

どういうわけか「目のさめたらんほど、念仏し給へ」の「ほど」を時間ではなく程度の意味に理解していたので,「眠気も感じなくなるくらい気合を入れて念仏を唱えろ」だと思っていた.

5 days ago
ncrt035 shared a status by orumin
まちカドおるみん
orumin@mstdn.maud.io

『ラブライブ!』の南ことりの髪色,という元ネタが忘れられてファッション用語として「ことりベージュ」が定着してるらしいのすごいな >> 透明感がたっぷりなんです♡今さら聞けない「ことりベージュ」を解説 | ARINE [アリネ] - arine.jp/articles/24184 on @ARINE_JP

5 days ago
Niceratus Kiotoensis
ncrt035@gnosia.info

西暦→元号へのお排泄物変換で同じ目にあってる人やっぱいるんだな…
twitter.com/tweeting_drtaka/st

5 days ago